• Studio ohana FITNESS

術後の方に骨盤の正しい位置をお伝えする意義


今日はohanaスタジオでも大人気向井いくよコーチの

ちょっと専門的なお話ですがためになるお話です。

興味がありました最後までお付き合いくださいませ(^^♪

術後の方向けの指導者側の内容にはなりますがお客さまにも

わかりやすく記載してます。

専門的な体の部位などの用語も難しかったら

これを機に自分で調べるのもよいですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私たちの骨盤は体の中心にあり様々な役目をしています。

①内臓や生殖器を守る

②上半身の支えとなる

③歩行時の衝撃吸収をする

④正しい姿勢で座ることができる

などです。


このような大事な役割があるため、骨盤から姿勢を整えるのは大切なことです。

骨の配列や筋肉のつき方が理解できないと不良姿勢の修正できないため

しっかり自分の中に落とし込む必要があります。



姿勢を修正するときに解剖学に裏付けされた理論やエクササイズは確実に信頼できる情報なので自信をもって術後のお客様の体をサポートに入れます。

それには

まずご自身の体を見直してみましょう。その後お客様のセッションでいかせるようにプログラミングされると良いと思います。

——————————————


目次


1,骨盤の正しい位置=ニュートラルとは?

2,フォームクロージャーとは?

3,フォースクロージャーとは?


——————————————

1.骨盤の正しい位置=ニュートラルとは?


骨盤を立てるという言葉をよく耳にしますが立てるとはどのようなことか?

ASIS(上前腸骨棘)、恥骨結合、おへそをフラットに並べる位置をニュートラルと呼びます。ここから良い姿勢が導かれるといっても過言ではありません。

寛骨(腸骨、恥骨、坐骨)仙骨、尾骨で構成される骨盤の中には仙骨と腸骨の間で構成する仙腸関節があります。仙腸関節には仙骨の角度が深くかかわっています。ニュートラルポジション時の骨盤の状態はどのようになっているのでしょうか?仙骨を含めフォームクロージャーとフォースクロージャーを確認しましょう。


2,フォームクロージャーとは?


英語で言うFormフォームは形でclosureクロージャーは閉鎖という意味を持ちますが「形の安定」と解釈すると理解できます。

骨盤を構成する寛骨(腸骨、恥骨、坐骨を合わせて)に仙骨がニューテーション

(うなづく)に位置し楔形にはまっている状態です。

どの運動もそうですが・・・フォームが良いと使われる筋肉に負担がない

怪我も少ない パフォーマンスが上がるなどの利点があります。

フォームクロージャーが発揮できていると骨盤周りの余分な力は必要なく姿勢の安定には一番大切なこととなります。


——————————————

3,フォースクロージャーとは?


英語で言うForceとは力でclosureクロージャーは閉鎖という意味を持ちます。

フォームクロージャーと同じく「力の安定」と解釈すると理解できます。

フォームクロージャー=形の安定が発揮できていないと骨盤周辺の組織がそれ以上形を崩さないでおこうと余分な力を発揮して骨盤の安定を図ろうとします。

常にこの状態でいることは靭帯や骨盤周辺の組織に負担がかかりすぎ痛みに変わる可能性もあり得ます。



——————————————

まとめ 


重力のある世界で生活する私たちにとって、良い姿勢を保つことは簡単そうで一番難しいことだと思います。がしかし、

骨盤の形を良い形に保つこと=ニュートラルポジションは、骨盤周りの内部組織や筋肉が頑張りすぎずバランスよく使えることを示します。まずはニュートラルポジション=フォームクロージャーを目指し骨盤本来の役割が発揮できるよう術後の方へ姿勢の改善の手助けをしていただければと思いますし、なによりもこの考えに気が付いた皆さんがまずは素晴らしいアライメントで生活されることを願います。

そして

ここまで読んでくださりありがとうございます。これからも皆さんとともに身体について考えていきたいと思います。


閲覧数:122回0件のコメント

最新記事

すべて表示