• Studio ohana FITNESS

術後機能回復運動の実践報告



日本では医療は発達しているが術後のリハビリまでは十分にサポートケアができていないのが現状ですね。

またコロナ環境の中で医療が緊迫しているとなると更に病院にゆだねることは難しそう。

ですが

術後、社会復帰を目指す方々のために私たちフィットネスインストラクターができることは

医療従事者でなくても運動療法で十分サポートできると感じています。


今日はあるお客様の術前・術後の運動療法でクライアント様もご案内をする私までも

が幸せに思えたお話をさせていただきます。

————————————

1. 『お客様からの要望』

——————————————

 お客様にもうすぐ内臓の手術をする70歳のAさんがおられました。

すぐに復帰したら今と同じ位、元気な生活を望んでいらっしゃるAさん

希望内容は入院中に術後できるエクササイズメニューカルテでした。

いつもグループレッスンばかり受けていたそのAさんはパーソナルレッスンに切り替えて

自分の弱いところを知り、いつも不安定になる体幹を鍛え、術後は院内で点滴棒を持ってできるスクワットを想像して練習したりととにかく熱心に術前から術後のことを想像して取り組んでくださいました。


———